新宿区高田馬場の司法書士 森住都です。

先日、司法書士会の広報活動で通りがかりの方に、司法書士や法律に関するパンフレットをお渡しするという機会がありました。

その時に相続や遺言に関するパンフレットにご興味を持たれる方が沢山いらっしゃって、関心が高いことを感じました。

「遺言書は作成しておいた方がいいですか?」と聞かれたら、もちろん声を大にして「YES!」と答えます。

お客様から相続のご相談を受けていて、「遺言書があったらよかったのに」など思う時がありますが、今回は特に遺言書の作成をお勧めしたい場合をご紹介します。

ケース1 子どもがいない場合

夫婦のうち、旦那さんが先にお亡くなりになった場合、相続人は奥様だけでなく、旦那さんのご両親や旦那さんのご兄弟や姪、甥が相続人になる可能性があります。
残された奥様の手続きなどを考えられれば、遺言書を作成した方がよろしいと思います。

ケース2 再婚した場合

旦那さんが再婚で、先妻に子どもがいれば、その子ども、後妻、後妻の子どもが相続人にあたります。
通常旦那さんが亡くなって初めて残された相続人同士が連絡をとるかと思いますが、今まで交流ない方々がいきなり、遺産分割協議をする手間を考えると、予め遺言書を作成した方がいいケースではないでしょうか。

ケース3 相続人でない人に相続させたい場合

子ども達だけでなく、孫にも相続させたい場合や、内縁の妻などに財産を譲りたいなどは、遺言書を作成した方がいいです。

ケース4 相続人同士が仲違いしている場合

親としては、子ども同士仲良く遺産分割してくれるだろうという願いがありますが、弟は「兄貴はお稽古ごとや、大学院まで行ったのに、自分は教育にお金をかけてくれなかった」などの思いをもっていたりと、意外と相続がきっかけで仲違いする可能性もあります。
仲違いではありませんが、長男夫婦と同居していて世話になっているので、長男には土地と建物を譲るが、預金は次男に相続させたいなどの考えがあるのなら、遺言を作成しておいた方がいいかと思います。

以前、お姑さん、長男のお嫁さん(長男は既に死亡)とその子どもが一緒に住んでいて、お嫁さんはお姑さんの面倒 をよく見ていたのですが、そのお姑さんがお亡くなりになった後に発見された遺言書を見てみると、ほとんど交流のない 次男に住まいも含めた財産を相続させると書いてあったという、お嫁さんにとっては悲しい話がありました。

ケース5 相続人がいない場合

生涯独身で、親や兄弟も既に亡くなってしまった。甥や姪もいない場合、財産が国のものになってしまいます。
それならば慈善団体や日ごろお世話になった知人に財産を譲りたいと思われる場合も遺言を作成しておいた方がいいでしょう。

ケース6 相続人が行方不明

稀なケースだとは思いますが、遺産分割は相続人が全て揃って話し合いをしないと成立しないので、相続人のどなたかが行方不明ですと、遺産の全てが手つかずの状態になってしまいます。
あらかじめ遺言書で、遺産の譲り先をお決めになられた方がいいと思います。