新宿区高田馬場の司法書士 森住都です。
前回、遺言作成の勧めについて書かせて頂きました。
でも、差し迫った話でもないし、何となく面倒だなって思う気持ちも分かります。
今回は遺言作成のイメージが少しでも湧くように、いくつかの種類がある遺言のうち、

1.自分で作成する遺言と、2.公証役場の公証人に作成してもらう遺言

それぞれのメリットをご紹介します。

 

まず、自分で作成する遺言、自筆証書遺言のメリットです。

1 一人で気軽に作成できる。

本屋さんに行くと、遺言の書き方の本が沢山並んでいます。本を参考にしてお書きになれば、手軽に作成できます。

また、後から述べる公証人が作成する遺言は、作成するにあたって証人が2人必要になりますが、自筆証書遺言は必要ありません。

 

2 費用が無料

紙に決められた形式で書けば、遺言が完成します。無料です。内容を変えたい場合は、何度でも新たに作成して頂いて構いません。

 

次に、公証役場の公証人に作成してもらう公正証書遺言のメリットを紹介します。

 

1 遺言がなくなる心配がない

遺言の原本やデータは公証役場に保管していますので、もし災害があっても遺言の内容が分からなくなる心配がありません。

また、公証役場には検索システムがありますので、相続発生後に相続人がお近くの公証役場にお問い合わせすれば対応していただけます。

2 相続発生時に裁判所の手続きがいらない

自筆証書遺言の場合は、相続発生後に「検認※」という裁判所の手続きを経ないと、不動産や預金などの相続手続きが進みません。

しかし、公正証書遺言の場合はそのような手続きが不要です。

※検認の手続きとは・・・簡単に言うと、相続人全員に通知を出し、家庭裁判所に一定の期日に集まるよう呼び出しをします。
そして、その期日に相続人全員に対して遺言書の原本を見せるといった手続きです。
したがって、検認手続きにあたり、相続人全員の住所を調べる手間がかかりますし、相続人全員に遺言書の存在や、誰にどの財産を相続させるかなどの内容が分かってしまいます。

 

3 争いのない内容で作成されます

公証人が作成した遺言書なので、相続発生時に遺言書の文言について争いになることはありません。

自筆証書遺言で形式通りに書かれたとしても、「A子さんに家をあげる」との文言でしたら、どこの家か?土地はどうか?あげるとは、相続の意味か?遺贈の意味か?など内容が曖昧になってしまい、遺言者の思いが相続人の方々に上手く伝わらないことも考えられます。

しかし、公正証書遺言は、そのような曖昧な点がなく、確実に遺言者の思いを伝えられますので、安心です。

 

題目の「遺言書は自分で書くか、公証人に頼むか」ですが、何にも書かないよりは、自分で書かれた遺言書があった方が確実にいいかと思います。 しかし、安心料として公正証書作成費用のお支払ができる余裕があれば、公正証書遺言の方をお勧めします。