新宿区高田馬場の司法書士 森住都です。

前回のブログで、相続手続きの流れをご紹介いたしました。

そこで、まずはご面談をさせていただくと書きましたが、その時に何をお持ちいただければいいいのかというお話です。

もちろん、何も持たずにお越しいただいても構いません。

しかし、せっかくお客様がお時間を割いて当事務所にお越しいただくので、以下の書類をお持ちいただけると

より的確なアドバイスができます。そして何度もお越しいただいたりすることも少なくなるかと思います。

お持ちいただきたい資料

 

1 不動産の登記事項証明書

お近くの法務局で取得することができます。不動産の所有者や不動産の概要などが記載されております。

 

2 不動産の固定資産税評価証明書(または、固定資産税納税証明書)

不動産の価格が記載されています。相続登記にかかる具体的な金額やその他手数料が分かります。
最新のものをお持ちください。

 

3 お亡くなりになった人の除住民票

 

4 お亡くなりになった人の戸籍謄本や原戸籍謄本

相続人を確定するために必要になります。転籍されたなどで取得が難しいようであれば、当方でも取得できます。

 

5 不動産の権利証

名義変更に直接必要な書類でありませんが、お亡くなりになった人のお持ちだった不動産を把握する資料としてお家にありましたらお持ちください。

 

6 遺言書

あればお持ち下さい。中身は開封しないでください。

7 不動産の他に名義変更したい財産の参考資料(例 預金通帳、車検証など)

 

8 お客様(相続人)の運転免許証など本人確認書類

有効期限内のものをお持ちください。

 

9 お認印

 

 

全部を用意しないといけないということもございません。当方が代理で取得することもできます。

その際には委任状が必要な場合もございますので、印鑑(お認印で結構です。)をお持ちください。