新宿区高田馬場の司法書士 森住都です。

幣事務所は台湾戸籍取得手続きを行っております。

台湾戸籍取得をご依頼されてから、どのように進むのか紹介します。

当方にご依頼いただいた場合の台湾戸籍取得の流れ

ご依頼人のお父様(被相続人)がお亡くなりになったので、相続の手続きをしたいと思っているが、そのお父様が台湾に本籍地があるため、台湾の戸籍を取得したいケースを例に紹介します。

1 当事務所で授権書を作成します。

授権書というのは、台湾戸籍の取得を依頼しますという委任状と同じようなものです。

作成にあたり教えていただきたい情報

(1)依頼者ご本人について

 ① 氏名

 ②  住所

 ③  生年月日

  ④ 出生地

(2)被相続人について

 ① 帰化前の氏名

 ② 生年月日

  ③ 帰化前の台湾の本籍地(住所)

2 台北駐日経済文化代表処で認証してもらいます。

当方で作成した授権書はそのままでは使用できず、台北駐日経済文化代表処に行っていただき、授権書を認証していただきます。
具体的には、台北駐日経済文化代表処でお持ちいただいた授権書に認証した旨の用紙を綴ってもらいます。

台北駐日経済文化代表処にお持ちいただきたいもの

(1)ご本人のパスポートの原本及びコピー1枚

(2)文書証明申請書 当方が作成します

(3)授権書     当方が作成します

(4)認証していただきたい日本の戸籍謄本

(5)認証手数料 1通 1,600円

認証の申請から認証されたものを受け取るために2日ぐらいかかります。台北駐日経済文化代表処に二度足を運んでいただきます。

3 台湾の戸政事務所で台湾戸籍を取得・翻訳します。

認証済の授権書を取得していただきましたら、台湾の法律や相続に精通した、台湾の弁護士が、台湾戸籍の取得手続きを進めます。

(1)台湾戸籍を取得するためには、以下のうち、被相続人の情報が2点必要になります。

   ① 帰化前のお名前

   ② 身分証の番号(当時の台湾のパスポートの上に番号があります)

   ③ 戸籍上の住所

(2)台湾戸籍を取得するために必要な書類

  ① 依頼者本人のパスポートのコピー

  ② 被相続人の台湾のパスポート(あればご用意下さい)

  ③ 授権書 ※台北駐日の認証済みのもの

  ④ 死亡したことが分かる戸籍謄本等証明書 ※ 台北駐日経済文化代表処の認証済みのもの

  ⑤ 被相続人と依頼者が親族であることの証明書 ※台北駐日経済文化代表処の認証済みのもの

  ⑥ 台湾の氏名から日本名に変更している場合は、変更していることが分かる戸籍謄本 ※ 台北駐日経済文化代表処の認証済みのもの

④~⑥については、中国語訳文が必要になります(幣事務所でも翻訳可能です)

(ご注意いただきたいこと)

 台湾の個人情報保護のため、台湾の戸籍謄本は、被相続人個人と戸主しか見えず、他の兄弟姉妹等に関わる記載部分は除外されてしまうので、他に相続人がいない証明としては使用できないのが現状です。
相続手続きをされる場合は、台湾戸籍の他に相続人作成の上申書等をご用意いただくこともあります。

4 手数料

台湾戸籍の取得手続は約20万円かかります。翻訳料も含まれます。台湾戸籍は、基本的にオンライン化されております。
一部オンライン化されていない地域もありますが、その戸籍については、直接その役所に赴いて戸籍を取得します。その場合は別途日当が加算されます。